ペロニー病をしっかり改善|気になる症状はお医者さんに相談しよう!

女医と看護師

手軽に性病検査を行なえる

診断

性感染症として知られる梅毒は、感染が進行すると全身に発疹が現れます。リンパ節の腫れなどを引き起こす可能性もあるので、しっかり検査した上で適切な治療を受けるようにしましょう。

View Detail

生殖器系の病気の治療

看護師

男性に多い疾患のほとんどは埼玉の泌尿器科で適切な治療を行なえます。市販の風邪薬などには副作用がある可能性が考えられるため、勃起不全や頻尿などの症状が現れたら医師に相談すると良いでしょう。

View Detail

男性ならではの疾患

考える男性

全国の泌尿器科では、主に男性の陰茎に関連する疾患の治療が行なわれます。例えば勃起不全やしこり、または前立腺肥大などの症状が現れた場合には、泌尿器科を受診することが大切になります。女性の場合だと婦人科と呼ばれる診療科目があるので、泌尿器科とは別であると考えて良いでしょう。専門医がしっかりと症状を診察し、効果的な治療を行なってくれるため、何らかの異常が見られた場合には相談してみることも悪くありません。男性がよく発症する疾患と言えば、尿管結石や前立腺肥大、またはペロニー病が挙げられます。これらの疾患は初期症状に気付きやすいため、早めの受診でしっかり治すことが可能です。

陰茎にしこりを感じたら、前立腺肥大かペロニー病を疑うと良いでしょう。痛みがある場合は悪性腫瘍が出来ている可能性もあるので、すぐに医療機関を受診することが大切です。ペロニー病であった場合には悪性の腫瘍ではないため、適切な方法で治療を行なえばしこりは改善されます。手術でしこりを切除することに不安があるなら、内服薬による症状の改善を目指すことも出来るので、その際は医師と相談を行ないましょう。

ペロニー病が原因で陰茎が湾曲してしまうことがあります。勃起時に腫瘍が刺激されると痛みを生じるため、早めの治療が肝心です。腫瘍が大きい場合は陰茎のサイズが短くなることもあり、男性のコンプレックスにもなります。腫瘍は詳しい検査を行なって悪性か良性かを判断する必要があるため、自己判断で治療を避けることはとても危険です。

性感染症の症状

カウンセリング

新宿の泌尿器科では男性の性感染症を中心にした診療が行なわれていて、クラミジアや淋病などをしっかり治療することが出来ます。生殖器に痛みやかゆみが現れたら、専門医に相談することが大切です。

View Detail